« メールアドレスの訂正 | トップページ | 春の中級講座I) InDesign すごわざ トラブル・シューティングQ&Aをアップロード »

2007 年度 春の出版技術講座 中級編【終了】

2007年春の中級講座として次の二つの講座を開講します。
(I) InDesign すごわざ トラブル・シューティング
日時:3 月31 日(土)13:30 ~ 17:00
会場:壮光舎印刷㈱社内 ※東京都荒川区東日暮里6 丁目20 番9 号
講師:堀 静 氏(壮光舎印刷)

* Adobe InDesign でのデータ制作や印刷所への入稿時のトラブル回避のテクニックを、印刷のプロが詳しく解説します。

(II) デジタル化時代の超校正術
日時:4 月7 日(土)13:30 ~ 17:00
会場:出版労連本部会議室
講師:巻野 進 氏

*デジタル化によって、今まで予期していなかった校正時のトラブルが増えています。時代の変化に即した校正術を身につけて、トラブルを回避してください。

詳細は本文続き、またはチラシをご覧下さい。

チラシをダウンロード

(I) InDesign すごわざ トラブル・シューティング

日時:3 月31 日(土)13:30 ~ 17:00
会場:壮光舎印刷㈱社内 ※東京都荒川区東日暮里6 丁目20 番9 号
講師:堀 静 氏(壮光舎印刷)

* Adobe InDesign でのデータ制作や印刷所への入稿時のトラブル回避のテクニックを、印刷のプロが詳しく解説します。

1.InDesign での入稿方法
2.InDesign 入稿データによく見られる製作上の問題点
3.印刷会社でのInDesign によるデータ製作方法
4.InDesign からのPDF 作成の注意点
5.InDesign とPhotoshop、Illustrator の連携
6.InDesign の可能性(XML からの自動組版)
  ※補足.Windows Vista について

以上を実演を含めてご説明する予定です。Mac ユーザもどうぞ!

(II) デジタル化時代の超校正術
日時:4 月7 日(土)13:30 ~ 17:00
会場:出版労連本部会議室
講師:巻野 進 氏

*デジタル化によって、今まで予期していなかった校正時のトラブルが増えています。時代の変化に即した校正術を身につけて、トラブルを回避してください。
*講師プロフィール*
巻野 進(まきのすすむ) 1951 年東京生まれ。
 自称アートワーカー兼コピーエディター。
 R 社、Y 新聞等を経てフリーに。
 校正技能検定3級
 DTP 検定I 種(第1 回合格)
 日本マニュアルコンテスト2006 優良賞、優秀賞、Adobe 見開きデザイン賞

 編集者、校正者が知っておきたい、デジタル化時代の校正のチェックポイントをとりあげます。
 データ入稿だからといって、そのまま印刷されてくるわけではありません。トラブルの実例を中心に、具体的にどういう誤植が起きるのか、それはなぜ起きたのかを検証していきます。また、トラブルを少しでも回避するために、データ入稿時の注意点もとりあげます。
  受講される方は、ぜひトラブル、誤植の実例を持ってきてください。「なぜこんな誤植が出たのかわからない!」ことも、一緒に事例を検証していきます。

*受講料:一講座あたり、昨年の技術講座受講生・組合員は2,000 円、一般は2,500 円
*申込締切:下記申込書をファックスまたはメールの上、実施日の3日前までにお振り込みください。

主 催 = 出 版 技 術 講 座 運 営 委 員 会
〒113-0033 文京区本郷2-10-9 冨士ビル3F 出版労連内
℡ : 03-3816-2911 Fax: 03-3816-2980 E-mail: rouren @ syuppan.net
郵便振替口座 : No.00150-0-99389 「出版技術講座」


 以下のことを記入してメール又はFAXでお申し込みください。
(以下の個人情報は講座・セミナーに以外には使用しません)
出版技術講座「2007 年春の出版技術講座 中級編」
氏名(        )/性別(男・女)/年齢(  )歳
勤続年数 ( )年 /職種(編集・制作・校正・デザイン・その他( )
会社名・組合名(               )/電話(     )
申込み講座番号に○を   I    II 
連絡先(会社・自宅)(〒                    )
e-mail:(                )


« メールアドレスの訂正 | トップページ | 春の中級講座I) InDesign すごわざ トラブル・シューティングQ&Aをアップロード »

「お知らせ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。講習後の交流会でも話がでていましたが、透明効果などの機能説明はいらないと思います。だいたいイラストレーターとかフォトショップでつくっちゃうのが主でしょうから、でも、なんでもできるようになっているんですね。驚くではありますが、縦組みについて特化進化させてほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119859/5685862

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 年度 春の出版技術講座 中級編【終了】:

« メールアドレスの訂正 | トップページ | 春の中級講座I) InDesign すごわざ トラブル・シューティングQ&Aをアップロード »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ